コインパーキング経営について学ぼう

申告が必要になる税金

申告が必要になる税金

申告が必要になる税金 コインパーキングは一般に、駐車場経営そのものを本業としている不動産会社その他の企業よりも、むしろ差し当たって使い道がない遊休地を副業感覚で活用している個人のほうが多いといえます。法人であれば事業活動で得た所得を法人税として税務署を通じて国に申告納付する必要がありますが、個人の副業の場合であっても税金がかからないわけではありません。
コインパーキングによる年間の所得が一定以上であれば税務署に確定申告をし、納期までに所得税を納付する必要があります。その際に問題となるのが所得の種類ですが、土地の一括借り上げ方式であれば不動産所得になる場合があるものの、本人が自動精算機などの設備を所有地に設置してコインパーキングの経営をするのであれば、その規模に応じて雑所得または事業所得として分類されます。そのほかにも土地の所有そのものに対して市町村からの固定資産税もかかります。こちらは申告しなくても納税通知が発送されてきますが、自宅の敷地とは違って小規模宅地の特例などの減額措置はありません。

コインパーキングで得られる収入

コインパーキングで得られる収入 スペースさえあれば始められるのがコインパーキングの事業です。利用者がいれば安定した収入を見込めるようになるので、賃貸アパートやマンションを経営しているような形になります。また、賃貸アパートやマンションに比べて維持や管理にかかる費用や手間は少ないため、不労所得を得る手段として人気があります。そんなコインパーキングの事業をスタートさせるのであれば、選られる収入について把握しておくべきです。ただ、駐車可能な車両の台数だったり、立地条件だったりなどによって内容は大きく変わります。
好立地で駐車している時間が多い場合は、月単位で考えるとまとまった金額になります。一方で利用されている機会が少なく、立地条件がイマイチな場所であればかなり厳しい状況になってしまうこともあります。ですから、コインパーキングで稼ぎたいと考えている場合は好立地を選ぶことが重要ですし、どれくらい稼働するのか予測を立てることも大切です。

Copyright © 2018 コインパーキング経営について学ぼう all rights reserved.