コインパーキング経営について学ぼう

人気の高いコインパーキング経営

このサイトでは土地の活用法を考えていく上で、投資資金を最小限に抑えて可動までの時間がスピーディーな事方コインパーキング経営をする方に向けた情報を掲載しています。
駐車場はローリスクでローリターンである点が特徴となっており、土地管理として人気が高い事業です。
リスクが少ない反面きちんと投資を行う必要があることから、この事業を通じての資産形成や得られる収入、ベーシックインカムなどの情報をご紹介していきます。

コインパーキング経営で資産形成

コインパーキング経営で資産形成 コインパーキングなどの駐車場経営を行い、資産管理を行いたいと考えている方は多いです。
特に相続などで得た土地をそのままにしておくのは、固定資産税がかかってしまうので、かえってお金のかかってしまう恐れがあります。
そこで注目されているのが駐車場経営で、遊休資産になっている土地を有効活用することが出来る方法として人気が高くなっています。
駐車場を借りる人の募集から賃料の回収まで全てを自分で行う月極駐車場から、初期投資を最小限に抑えて行う事故経営方式や、土地賃貸方式を利用したコインパーキングとして運用する方法もあり、特に業者に依頼する方法は毎月の収入が安定しやすいですがリターンが少なくなる注意点もあります。

コインパーキング経営には種類があって一括借り上げシステムもある

コインパーキング経営には種類があって一括借り上げシステムもある コインパーキング経営は管理者がいる土地で車を駐車できる設備を提供して、収入を得られる方法です。
月額支払制度のもとに賃貸契約する月極駐車場経営と違って、誰でも24時間利用できる無人の時間貸駐車です。
コインパーキング経営には3種類の方法があって、その一つが一括借り上げシステムです。
これは会社が個人や法人の土地所有者から土地を賃貸して、駐車場機器を設置します。
土地の所有者に毎月定額の地代を支払い、駐車場機器等の費用及び管理運営は会社側が行います。
他にも利益配分方式があり、これは会社と土地の所有者が、利益を予め取り決めた割合で配分し、毎月管理運営の収支を報告します。
管理委託方式だと、土地を持っている本人が機器を設置してから集金や清掃、トラブル対応などの管理と運営を運営会社に委託します。
運営会社は毎月管理運営の収支報告を行って管理料をもらいます。
設備にはロック式とゲート式があり、ロック式は駐車台数の少ないものから30台くらいまでの駐車場に多いです。
フラップと言われる板で自動車の車体中央に部分に上がる形が一般的です。
ゲート式は広いスペースがある場合や、立体駐車場などに多く入り口と出口に専用のゲートがあったり、同じゲートを兼用することもあります。

Copyright © 2018 コインパーキング経営について学ぼう all rights reserved.