コインパーキング経営について学ぼう

人気の高いコインパーキング経営

このサイトでは土地の活用法を考えていく上で、投資資金を最小限に抑えて可動までの時間がスピーディーな事方コインパーキング経営をする方に向けた情報を掲載しています。
駐車場はローリスクでローリターンである点が特徴となっており、土地管理として人気が高い事業です。
リスクが少ない反面きちんと投資を行う必要があることから、この事業を通じての資産形成や得られる収入、ベーシックインカムなどの情報をご紹介していきます。

コインパーキング経営で資産形成

コインパーキング経営で資産形成 コインパーキングなどの駐車場経営を行い、資産管理を行いたいと考えている方は多いです。
特に相続などで得た土地をそのままにしておくのは、固定資産税がかかってしまうので、かえってお金のかかってしまう恐れがあります。
そこで注目されているのが駐車場経営で、遊休資産になっている土地を有効活用することが出来る方法として人気が高くなっています。
駐車場を借りる人の募集から賃料の回収まで全てを自分で行う月極駐車場から、初期投資を最小限に抑えて行う事故経営方式や、土地賃貸方式を利用したコインパーキングとして運用する方法もあり、特に業者に依頼する方法は毎月の収入が安定しやすいですがリターンが少なくなる注意点もあります。

コインパーキング経営には種類があって一括借り上げシステムもある

コインパーキング経営には種類があって一括借り上げシステムもある コインパーキング経営は管理者がいる土地で車を駐車できる設備を提供して、収入を得られる方法です。
月額支払制度のもとに賃貸契約する月極駐車場経営と違って、誰でも24時間利用できる無人の時間貸駐車です。
コインパーキング経営には3種類の方法があって、その一つが一括借り上げシステムです。
これは会社が個人や法人の土地所有者から土地を賃貸して、駐車場機器を設置します。
土地の所有者に毎月定額の地代を支払い、駐車場機器等の費用及び管理運営は会社側が行います。
他にも利益配分方式があり、これは会社と土地の所有者が、利益を予め取り決めた割合で配分し、毎月管理運営の収支を報告します。
管理委託方式だと、土地を持っている本人が機器を設置してから集金や清掃、トラブル対応などの管理と運営を運営会社に委託します。
運営会社は毎月管理運営の収支報告を行って管理料をもらいます。
設備にはロック式とゲート式があり、ロック式は駐車台数の少ないものから30台くらいまでの駐車場に多いです。
フラップと言われる板で自動車の車体中央に部分に上がる形が一般的です。
ゲート式は広いスペースがある場合や、立体駐車場などに多く入り口と出口に専用のゲートがあったり、同じゲートを兼用することもあります。

多くの利益を得るためには

コインパーキングの経営は、アパートやマンションなどの物件経営に比べると、低コストで始めることができる点が魅力です。コインパーキングを始めるにあたっては、自分が保持している遊休地を貸し出し、駐車場の運営を進める形の一括借上げ方式と、自分で駐車場を設営するために必要な機材を揃えて運営する形があります。自分で駐車場を運営するほうが、多くの利益を得ることは可能になるものですが、高額な初期投資が伴うのも事実です。
回転率が高ければ、多くの利益を見込むことも可能なコインパーキングではありますが、立地条件や、販促方法を間違えてしまうと、多くの損失を招く場合もあります。自分がコインパーキングを構えようと考えるエリアの交通量や、競合駐車場の状況を把握してから、運営の計画を進めていくのが良いでしょう。事前の調査で考えるような収益を見込めないと感じた場合には、自営で進めるのではなく、企業への土地の貸し出しによる安定収益の実現を目指すのも良いものです。

ベーシックインカムを確保

余っている土地があっても、ただ何もしなければ利益を生み出すことはできません。固定資産税などの維持費がかかってしまいます。しかし、アパート経営などは初期投資が大きすぎるので、あまりやりたくないという人も多いのではないでしょうか。そういった時には、コインパーキングにするのがおすすめです。コインパーキングは初期費用がほとんどかかりませんし、メンテナンス等にかかる費用もアパート経営に比べると割安に済みます。
ほとんど何もせずに利益を生み出せるので、ベーシックインカムを確保するのに最適です。セルフ方式のコインパーキングにすれば、人件費なども発生しません。ベーシックインカムを確保できれば、老後の心配をせずに安心して生活することもできます。コインパーキングは都市部で需要が高いですが、近くに大規模なイベント会場があるなど地方都市でも隠れたニーズは意外とあります。リスクが少なく、定期的な収入を安定して得ることができます。

コインパーキングの利益率

コインパーキングの利益率はかなり高いといっても過言ではありません。
その理由に初期投資費用はある程度掛かってしまいますが、一度設置すると基本は無人経営になるので、高い人件費が一切掛かってしまうことなく運営可能です。監視についても現在では優れた監視カメラを利用することができるので、犯罪や事故等の抑止力としても機能します。
コインパーキングは利用者が料金を支払う際にも自動機を使って支払いを済ませる方法なので、カメラとセットにすることで問題なく運営できます。駐車場内においては定期的な清掃作業を行う程度で済ませることができ、後は自動機の現金を回収するという非常に簡単な方法です。
このような作業は契約会社に委託することができますが、自宅から近い場所で運営する際には、自らが巡回を行うことで更に手数料を削減できます。アフターメンテナンスもあまり必要としない機器類を利用できるので、場所により違いはあるものの高い利益率を維持できます。

経営プランの比較方法とは

土地を有効に利用して安定した収入を確保したいときには、コインパーキングを経営する方法があります。またコインパーキングの運営をサポートする会社を選ぶときには、契約条件を比較することも重要です。
実際に個別の会社の担当者が現地を視察すると、最適な駐車場の経営プランを提案してもらえます。そしてプランを比較するときには、駐車場が稼働し始めた時の料金収入のシミュレーションを重視するべきです。
特に手数料が割安な会社のプランは、駐車場のオーナーの手取り収入が増やせるために人気があります。しかし収入だけではなくて、オーナー向けの様々なサポートについてもこだわるべきです。
とりわけ兼業で駐車場を経営するときには、運営会社の料金徴収や各種代行サービスが役立ちます。更にコインパーキングの稼働率を高めるためには、積極的にPRをすることも大切です。目立つ看板を設置してくれる会社を選ぶのが、駐車場経営で高収入を実現する最善の方法です。

始める前に知っておきたいメリット

新しい商品やサービスを開発した場合は魅力を伝えたり、強気に売り込みを行ったりなど営業をしなければなりません。しかし、車を駐車させたい人がいれば成立するのがコインパーキング経営なので、積極的に営業をせずに済むメリットがあります。
つまり、常駐させる人手が不要となるため、最小限の人件費に抑えられるようになります。
人件費の負担は大きいことから、抑えられるコインパーキング経営は利益を出しやすいです。また、土地さえ持っていれば始めることができるのもメリットの1つです。飲食店や雑貨店などを経営する場合、土地の他に建物や設備、販売する商品などを準備しなければなりませんが、コインパーキングは車が駐車可能なスペースだけあれば経営は可能です。
出入り口や料金の支払いなどの設備は準備しますが、飲食店や雑貨店ほど経営をスタートさせるうえで必要な設備にお金をかけずに済みますです。
ですから、コインパーキングはすでに土地を持っている人が儲かりやすいビジネスです。

Copyright © 2018 コインパーキング経営について学ぼう all rights reserved.